ドローン広場「お~空散歩!」

ドローン飛ばそうと思ったら、空港周辺10kmの上空にすっぽり入ってることに気がついた。さて、どうする!? のんびりドローン広場「お~空散歩!」も始めました。

BeeRotor TinyBee78mmのつづき

今度は、S-FHSS Rceiverタイプを試してみました。
前述のFRSKY D8と同様に
いつものB.F.C10.6で、最新バージョンへファームアップ。
# Betaflight / TINYBEEF3 (TBF3) 4.0.6 Sep 1 2019 / 01:10:47 (2a64051a2) MSP API: 1.41 / FEATURE CUT LEVEL 10


注意事項①
まず、PC-USB-機体接続で、機体側接点が不安定。←個体差ではないみたいです。
ちょっと下向きにしたら、シリアル認識しました。
それからも時々USB接続が繋がったり切れたり。

注意事項②
ファームアップすると、レシーバーがSBUSを選択できるようになりましたが、なんでかバインドしない。
SBUSでは接続×だったので、デフォルトの*PPMでFUTABA T10Jで接続出来ました???。

FUTABA T10Jのプロポ設定は、半月前に奉天したEachine twig 115mmの設定そのままで、名前だけ変更してバインド。
*バインドした状態で、必ずB.F.Cのレシーバ設定は確認ください。

それから後は、いつものB.F.Cで基本設定・電源・PID・レシーバー・モードなどの設定が普通にできました。
アングル・アクロ・エアーの切り替えできました。

SBUSに比べてPPMでの接続は、なんかのんびりというか、シャキッとしない感じというか、ゆっくり繋がってる感じです。

こちらもFRSKY D8の設定同様、PIDの設定あたりをもう少し詰めないと・・・です。


BeeRotor TinyBee78mmが届きました。
Rceiverタイプは、S-FHSSとFRSKY D8。今回、両方届きましたが、とりあえずいつものFRSKY D8を試してみました。

注意事項①
まず、PC-USB-機体接続で、機体側接点が不安定。←個体差でしょうか。
ちょっと下向きにしたら、シリアル認識しました。
それからも時々USB接続が繋がったり切れたり。
やれやれ・・・。

出荷時*元のファームのバージョンは、
# Betaflight / TINYBEEF3 3.1.1 Jan 31 2017 / 14:21:13 (b7c1c58)

いつものB.F.C10.6で、最新バージョンへファームアップ。
# Betaflight / TINYBEEF3 (TBF3) 4.0.6 Sep 1 2019 / 01:10:47 (2a64051a2) MSP API: 1.41 / FEATURE CUT LEVEL 10

注意事項②
ファームアップすると、レシーバーがSBUSを選択できるようになりましたが、なんでかバインドしない。
SBUSでは接続×だったので、デフォルトの*PPMでD8で接続出来ました???。

それから後は、いつものB.F.Cで基本設定・電源・PID・レシーバー・モードなどの設定が普通にできました。
アングル・アクロ・エアーの切り替えできました。

注意事項③
付属のLopoバッテリーのコネクタの赤白+-が逆。
普通のコネクターに繋いで充電しようとしたら×でした。
で、コネクターは、一番小さい挿し口のヤツでした。

さっそく、今飛ばしてみました。
普通にアクロで飛びました。

200916 TinyBee_FRSKY D8_Acro Maiden
*BeeRotor TinyBee_FRSKY D8

なんとなくですが、反応が、ちょっと鈍いって感じでした。
PIDの設定あたりをもう少し詰めないと・・・です。

あと、カメラの広角エリアがちょっと狭いかなぁ。

今回は、FRSKY D8 Rceiverでしたが、S-FHSS Rceiverの方はどうなんでしょう?

先日注文した、X36S Ducted 65mm(BNFで 2157円)が届きました。

箱には、GOOLRC T36S と書かれていて、中には日本語マニュアルが付いてました。

とりあえずUSB接続して、B.F.C10.6で# dump all
ファームのバージョンは、
# Cleanflight/SPRACINGF3 1.13.0 Jun  6 2016 / 00:03:10 (a77bc76)でした。(^^;;

デフォルトだと、CLIのみ操作可能のようでしたが、
SPRACINGF3のBFファーム
Betaflight / SPRACINGF3 (SRF3) 4.0.6 Sepに上げたら普通にいつも通り設定できるようになりました。

そのあと、Frsky Receiveのバインドボタンから、D8で繋がりました。

B.F.Cのモード設定から、アングル・アクロ・エアー切替えできました。
アクロで普通に飛びます。
OSDの表示はないですが、画像はそこそこいけます。
RSSI の動きはCH5に出ています。とりあえずいれていますが、意味はないんでしょうね。

この機体、そのままでも、お財布にやさしいのですが、
FC:レシーバーボードのポテンシャルは高いと思います。

実際に飛ばした映像です。
https://youtu.be/dO4liyNL4DQ

註) 最初におことわりしておきます
この機体はBNFのセットで、B.F.Cでファーム更新→バインド→BF設定必要なので、
初心者向けではありません。

私は今回GOOLRC T36S Frsky Receiveの機体を購入しましたが、GOOLRC T36S Flysky Receive機体については、JIZOMAEさんが少し前のブログで紹介されていました。

未開封や開封したけどほぼ新品(動作確認のみ未飛行)のトイドローンを初心者向け体験会のフリマに出せるようにと、これまでに購入した機体やパーツなどのデータベースに分類番号をつけることにしました。
A:機体 B:バッテリ C:カメラ D:パーツ E:メモリ F:工具 G:通信プロポアンテナ H:モニタゴーグル I:AIOカメラ等FPVカメラ J:VTX K:RXレシーバー L:シュミレーター M:GPSパーツ
ADとか、BFとか、CDとかも適宜あり。
リスト整理がほぼ終わりました。

総数がすぐ分かるから、エクセルはいいです。
パーツも含めてざっくり1000点くらいあって、初日は390点目でくじけ、その後もすすめて結局4日かかりました。
で、その後は、初心者向けかそうでないのかで分けようかと思ったり。
機体性能や操作マニュアル(英語を翻訳済み)などが分かるようにしたらできあがりかなぁ。

あと気になることは、未開封といっても、購入してだいぶ経つので、
機体に内蔵されたバッテリーが正常に作動するか、事前確認が必要。

そういうことも考えると実際に飛ばし方の説明しながらじゃないと、初めての方には難しいだろうと思うので、最初のうちは、一度に4~5台ずつが限界のような気がしてきました。



念願のサギさまと、ちょこっとカラメめました。

200719_夕暮れ散歩⑨_サギさまと遭遇
https://youtu.be/wVlbpo1KECU
サギさまに遭えました*3:40頃

それからそれから、
この前、ドローンを飛ばして欲しいということで飛ばしてきました。
一昨日の午後散歩なんですが、
その時に、いつ頃からドローンやってるんですか?って、尋ねられて
「そんな古くないですヨ。だいたい・・・・。で、言葉が詰まって・・・。」
さっき調べたら、2015年4月24日にamazonから購入した、Hubsan X4 HD ワインレッド H107C-1 [日本正規品]720p対応200万画素HDカメラを搭載_9,967円からでした。
あれから・・・。
当初は、トイドローンがほとんどで、今もほぼ全部捨てずに残っています。
鉄板パート2さんのYoutubeからYoutubeを見るようになりました。
トイレット博士さんとか、マイクロマニアックさんとか・・・。
食い入るように見てました。訳もわからず。
そんなころに、jizomaeさんのブログやdrone4さんのブログに出会って、かなりご無沙汰だったmixiを開いて、ここ(ドローン友の会)に来ました。
そうだ、E KAZUさんのYoutubeの機体スペックをひとつずつ、BGで何のことか確認したように思います。
前置きが長くなりましたが、これまで入手した、トイドローンをどうしようかと思っています。
ほぼ、全部普通に飛びます。
これまで奉天したのは、記憶では、2機か3機だと思います。
なので、捨てないで大事にとってます。

ここのところのコロナ自粛で、遠征しなくなったので、また増えつつあります。
この頃は、ほとんどトイではなく普通のレーシングだったりのPNPとかBNFですが・・・。
どこかのタイミングで、何かやったらいいと思い始めています。

お知恵いただければ、幸いです。

このページのトップヘ